観光情報

町の中央、南北に最上川が走り、豊かな自然が自慢の大石田町。

その水と緑の豊かな景観に魅了され、かの松尾芭蕉や齋藤茂吉、小松均など数多くの文人や画家が足を運んでいます。

お腹が空いたら名物の大石田そば、身体をゆっくり休めたくなったら温泉に浸かって、大石田町を満喫してみてはいかがでしょうか。

大石田町の観光スポット

①乗舩寺(じょうせんじ)涅槃像

乗舩寺(じょうせんじ)涅槃像

乗舩寺に眠る釈迦涅槃像は、一流の京仏師の作と伝えられ2メートル余の大身。全国でも珍しい仏像です。
他にも正岡子規句碑や斎藤茂吉歌碑があります。

あったまりランド深堀より
車5分 徒歩30分

②向川寺(こうせんじ)

向川寺(こうせんじ)

黒瀧山向川寺は、600年の歴史を伝える曹洞宗の名刹。
芭蕉をはじめ多くの文人たちがこの参道を踏みしめました。

あったまりランド深堀より
車2分 徒歩15分

③聴禽書屋(ちょうきんしょおく)

聴禽書屋(ちょうきんしょおく)

斎藤茂吉が起居した聴禽書屋は、茂吉自ら命名しました。
ここで歌集「白き山」が生まれました。

あったまりランド深堀より
車5分 徒歩30分

④最上川舟役所跡大門と塀蔵

最上川舟役所跡大門と塀蔵

かつて舟運で栄えた大石田。
寛政四年に幕府に設置された舟役所の大門跡はその時代の情緒を今に残しています。

あったまりランド深堀より
車5分 徒歩30分

⑤西光寺(さいこうじ)大仁王像

西光寺(さいこうじ)大仁王像

西光寺には慶応4年に町の船大工衆が刻みあげた大仁王像が安置されております。
また、明和6年頃、土地の俳人土屋只狂が建立した「芭蕉句碑」も安置されております。

あったまりランド深堀より
車4分 徒歩25分


観光情報
アクセスマップ
会社概要

▲ページの先頭に戻る